HOME

日本女子大学 成瀬記念講堂 耐震補強改修工事

建築概要

所在地 :
東京都文京区目白台
規模  :
建築面積569㎡、延床面積932㎡
建築年代:
明治39年
改修竣工:
平成30年

 

補強設計:
株式会社 山脇克彦建築構造設計
改修変遷:
煉瓦造として竣工、大正12年の関東大震災で被災後、外壁を下見板張りとして改修、昭和36年の大学創立60周年に外壁を縦板張りとして改修し現在に至る。

竣工:外観                      撮影:清水襄

竣工:内観                      撮影:清水襄

工事概要
意匠を考慮し壁内空間部など見え隠れに構造用合板を設置した。補強範囲は屋根面・壁面・2階床組みレベルとし、補強を一連のものとするため煉瓦基礎にアンカーボルトを挿入した。

屋根補強
屋根補修に伴う屋根側から合板設置。

基礎補強
煉瓦基礎をコア抜きの上アンカーボルトを挿入。

2階床組み補強
解体による影響が少ない1階天井側から合板設置。

壁補強
内部漆喰壁を失わないよう外部板壁側から合板設置。